KojimaDaigo BLOG

日常絵話 NichijoKaiwa

絵画作家

 私はあえて「画家」ではなく「絵画作家」と名乗っています。

 画家というのは世間では絵が上手い人で、描写力があることだと捉えられているのではないかと思っていて、私は全くの素人の人よりは上手かも知れないけれど、プロの世界ではもっと凄い人がたくさんいて、また、キチンとキレイに描く職人と間違えている人が世間には多いように思っているのです。それは画工とも言うらしい。そういう事が私には出来ないし、あまり興味がない。画面が少々汚くなっても「絵心」があればいい、というくらい。そういう要因がいくつかあるので、ようするに画家という名称にやや抵抗があるのです。ちゃんとした画家の教育を受けた人にはこのあたり理解出来ないかもしれない。

 そこで自分で考えたのが「絵画作家」。絵画を創作する人だと言った方が当たっている。専門は風景画なのだけど、そればかりを描きたいわけでもないので「風景画家」も違うしなあ。

 「作家」という名称はこれも世間一般には「小説家」だと思っている人が多いのではないだろうか。それはそうだ。ただ美術関係の知人ができると絵を描く人や創作活動をする人のことを、プロでもアマチュアでも、「作家」と呼ぶ習わしがあることに気づかされた。この辺りの話は先々週くらいから似た話が続いているのでちょっと鬱陶しいように思うかもしれません。ご容赦を。

 童話作家、陶芸作家、工芸作家、絵本作家、映像作家、「作家関係」はいろいろいます。分かり易く「画家」でも別にいいのだけど、一応ここで線を引いておきたいという小さなこだわりです。


 ついでにいうと先程の「プロ」「アマチュア」というのも、「玄人」と「素人」に勘違いされやすい。そう思っている人きっと多い。「まるでプロだなあー。」なんて褒め言葉があるくらいだから。

 アマチュア[amateur]は確かに素人という意味を含めているようだけど、アマチュアレスリングの金メダリストの吉田沙保里を素人と間違える奴はさすがにいない。アマチュアはあくまでも趣味であり道楽だ。明確に言い切ってしまう。吉田沙保里さんやその支援者が何といおうと、趣味・道楽だ。職業は綜合警備保障の元会社員で、今はフリーだという。でも少なくともプロ・レスラーではないよな。

 吉田選手のほかにも実はその芸術分野をプロ=職業としていない人々は大勢いる。有名な人もいれば、地方都市で活動を続ける無名だが一流の腕を持ったアマチュアの人が。そしてその方々は職業はまた別に持っている。


 1990年の夏、私がまだ絵を描き始めて間もない頃に知り合った版画家はその世界では有名な実力者でありながら、小さな本屋の店主だった。作品を店の片隅に飾っていて、それに目を留めた画商さんが、一千万円で譲って下さいと頼み込んだのをあっさり断っていた。版画家は複数の画商から頼まれたが、誰にも売らなかったというアマチュアリズムの人だったのだ。

   当時私は絵を売りたくてどうやって描けばいいのか活動していけばいいかをその方によく相談したものだった。私のプロ思考に真面目に熱心に応えて下さったので、おそらくプロ・アマの考え方をしっかりわきまえていた人だったのだと思う。

   世間には「自己満足」を良しとしない人が多いのかも知れない。というのも、自己満足の人をもろにバカにする人を何度も見たことがあるからだ。世間とはつまりそういうものなのだろう。だが本来アマチュアリズムという考え方は、自己満足こそ最も重要という崇高な思想なのではないだろうか。

 さて一方で、プロフェッショナル[professional]という言葉は、profess(公言[名言]する、自称[主張]する、専門の職業とする、などの意味~エクシード英和・和英辞典第2版 三省堂刊より)という言葉から来ている。記憶が曖昧だが他の書物でも「誓約する」という日本語訳を当てているのを見かけたことがあるけど、つまりどこにも「玄人」とか「上手」などという意味のことが書かれていない。まあ言葉というのは時と共に移り変わっていくものだから大して重要でもない。ただ、きわめて実力のあるアマチュア、実力のないプロがいる、ということをいいたいのです。

   さて来週はいよいよシリーズ最終回。(つづく)



◉ 小島大吾  期間限定ブログ

「日常絵話 NichijoKaiwa」は、

今年8月初旬までの

毎週火曜日 更新予定(全12回予定)です。


お気軽にご意見・ご感想・質問をお寄せ下さい。

できる限りお返事をさせて頂いております。

‪info@genseisha.org  まで。‬

フェイスブックでも!


◉絵画作家・小島大吾については、下記「公式サイト」の無料メールマガジンにご登録頂き、リアルタイムで様々な情報をお取り寄せ出来ます。

[小島大吾 ロードアート事務局 公式サイト]

http://www.genseisha.org/gss/_road-art.html

[美術出版 原青社 ]

http://www.genseisha.org