KojimaDaigo BLOG

日常絵話 NichijoKaiwa

アート・スピリット

 前回は、ニューヨークの美術館で発見したウィンスロー・ホーマーなどの作品で快感を得て、絵画制作活動に対する疑念のようなものが大幅に払拭された、という話を書きました。

 感動というよりは「快感」。この辺の話は私の作品集に少し詳しく書いたので割愛しますが、要するにカラダに伝わるようなことなのです。「なるほど」とか「理解する」ということではなくて、あの時何が起きたのかよく分からないけどカラダが痺れて固まるような状態になった。自分には異変が起きて何か気持ち良い状態でその世界に惹き込まれて、自分でもそれは分かっている。性的な体験に近いのではないだろうか。それを感動と呼ぶんだと言えばそうなんだろうけど、「スゴイ」とも思わなくてもっとフィットした感じであまりにしっくり来すぎて気持ちいいのだろうと思う。あと、古い言葉で「眼福(がんぷく)を得る」という言い方があるけど、たぶんそれとも違うと思う。
 そうやって初めて快感を体験した後は、色んな女性、じゃなかった絵画と作家を知った。 そして絵画の快感が忘れられなくなり、それまで人物画ばかり描いていたのが、絵画と言えばまずは風景画だ!と思うようになり、ホーマーをきっかけに好きな絵を次から次へと発見するようになっていった。代表格の画家を列挙すると、

1. ジョン・シンガー・サージェント
http://www.wikiart.org/en/georges-seurat

3. ジョン・スローン

5. ジョージ・ベローズ


http://books.spaceshower.net/this_is/

 ざっとこんな感じでしょうか。
 スーラや、イラストレーターのロックウェルは知っている人も多いかも知れない。ちなみにフランス人のスーラ以外は全員アメリカ人。
日本人だとやっぱり東山魁夷や小野竹喬もいい。亡くなっている人ばかりだが、現役作家では、ゲーリー・ケリーはもちろん、ジョン・アサロ、ジョン・イングリッシュ、ダグ・チェイカなどがいい。
 芸術の都はパリなのだからもっとフランス人の名が挙がっても良さそうなものだが、私がパリに行ったことがないからフランス人作家がなかなか入ってこないのかも知れない。
 だがフランス野郎どもに負けてられるか、と言って反発したアメリカ人作家がいる。ロバート・ヘンライだ。私は画家としてよりも指導者としてのヘンライが好きだ。それは「アート・スピリット」という名著を書いたからだ。
 この本、原著で出版されたのが1923年で、日本語翻訳版の出版が2011年。88年後って翻訳版すごく遅くはないか?でも丁度私がヘンライのことを知った直後に出たから間に合ったというか丁度良いタイミング。
 たぶんヘンライの師匠格だったトーマス・イーキンズ(アメリカ近代美術の父、と言われている画家)も偉いけど、ヘンライは「ジ・エイト」という「七人の侍」ならぬ「八人の反骨若手画家」のリーダーだった。ジ・エイトはその後のいわゆるアメリカン・シーン派の源流になっているようだ。それは写真や映画の美術においても多大な影響を及ぼしていて、私の好きな映画の数々の名シーンのおおもとがある気がしている。私がアメリカ人画家を好きになるはずだ。
 言うに及ばずアメリカ映画は全世界を席巻して、それはつまりジョン・フォードに影響を受けた黒澤明の映画作品にも大きな痕跡を残したと思う。ひいては今もてはやされている現代アートにも通じているかも知れない。
 ジ・エイトはアシュカン・スクール(ゴミ箱派)と蔑まされたらしい。ゴミ箱でもアートと思い込んで描いてしまうおかしな奴ら、という意味で、私の好きな、ジョン・スローン、ジョージ・ベローズはその「八人」のメンバーだ。絵画作品だけでなく、こんな話だけでもドラマチックではないか。ついでに言うとヘンライの写真を見るとその面構えも悪役の侍みたいで凄くいい。

 こうして自分の好きな画家の名前を、作品などを想像しながら一挙に書き出していくと、錚々たるメンバーでキャラクターが傑出してオールスターみたいだ。でもまあしかし興味ない人にとっては何のこっちゃという話なんだけど。
 そう、日本に戻って美術ファンだと自称する人に、ホーマーの風景画が好きだと言ってもほとんど知っている人がいない。「ふーん」と受け流されたり「?」という顔されてばっかりだ。(つづく)


◉ 小島大吾  期間限定ブログ
「日常絵話 NichijoKaiwa」は、
今年8月初旬までの
毎週火曜日 更新予定です。

お気軽にご意見・ご感想・質問をお寄せ下さい。
できる限りお返事をさせて頂いております。
info@genseisha.org  まで。

◉絵画作家・小島大吾については、下記「公式サイト」の無料メールマガジンにご登録頂き、リアルタイムで様々な情報をお取り寄せ出来ます。

[小島大吾 ロードアート事務局 公式サイト]

http://www.genseisha.org/gss/_road-art.html 

[美術出版 原青社 ]

http://www.genseisha.org